読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこまこ

猫の額ほどの部屋に暮らすのが夢です

お米の調理法

ねこまこ です。
今回は備忘録です。結局白米を2kg買ったので、その活用についてです。
さっき久し振りに白飯を炊きました。美味しかったー。フライパンの占領時間、ラップに包む手間、短所はありますがやっぱりご飯は美味しい。あとお弁当作りの練習をしているのですが、サンドイッチのお弁当だとまったく足りませんでした。
基本的には3合をフライパンで炊くのですが、この間炊き込みご飯を1合で炊いたらガチガチになったので、大量にいっぺんに炊くのがいいみたいですね。今回はラップに包んだら7食分になりました。


炊く

水が多い状態では「煮る」、やがて水が少なくなっていったら「蒸す」に変化する調理法です。
具を何も入れず、水にも味や出汁を加えないものが、白飯。一般的な「ご飯」ですね。
具を入れて、水にも味や出汁を加えるものが、炊き込みご飯。五目ご飯とも言います。
多めの水で軟らかく炊くのが、お粥。

 

調理してから炊く

米を油で炒め、スープを合わせて炊いたのが、ピラフ。トルコ発祥で、具は任意。入れても入れなくてもいいし、どんな具を入れてもいい。シーフードピラフとかチキンピラフとか。
ピラフと同様の方法で、雑炊のように汁気の残る感じに炊くのが、リゾット。イタリア発祥。炊く過程で水分が減ってきたらその都度追加していきます。汁気は残しますが、お米に芯も残します。
具を炒め、米とスープとサフランを合わせて炊いたのが、パエリア。スペイン発祥で、サフランを入れることで米の色が黄色くなります。具は魚介類が主で、パエリア鍋という専門の調理器具があります。

 

炊いてから調理する

具と一緒に煮込むのが、雑炊。日本料理。味付けは醤油やお味噌。鍋料理の後に残る出汁を使うことも多い。
具と一緒に焼くのが、炒飯。一般的な「チャーハン」は溶き卵と焼く中華料理。類似の料理が東寄りアジアにはいっぱいあります。
ご飯の上にホワイトソースをかけて、オーブンで焼くのが、ドリア。日本発祥。ホワイトソースの上にチーズをかけて焼くのも一般的です。
炊いたご飯をどんぶりによそって、具を乗せるのが、丼物。天丼、牛丼、カツ丼、親子丼、鉄火丼(マグロの赤身)、ロコモコ(ハワイ発祥。ハンバーグと目玉焼き)、タコライス(沖縄発祥。タコライスの具)等々。

 


適当ですが、この辺ですかね。
今は白米もあり、食パンもあり、小麦粉もあるのでパンケーキやお好み焼きも作れます。この間はパスタを作りました。バリエーションが豊富になってきて、料理が楽しいです。
そういえば、遂に炊飯器を購入することになりました。まったく使っていなかったポイントを全額はたいて、ついでに買っていなかったアイロンも購入して、送料を加えても1000円以下になりました。ラッキー。

 

あ、そうだそうだ。

Instagramを初めていました。

www.instagram.com

ただの備忘録です。プロフィール画像は、以前片手鍋でカレーを作ったら溢れかけたときの写真です。カレーはとても美味しかったです。